インプラント

補綴治療「インプラント」

人工歯根を用いた補綴治療「インプラント」

インプラント

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上からセラミック製の美しい人工歯を取り付けて歯の機能を回復する補綴(ほてつ)治療です。

人工歯根は顎の骨としっかり結合するため、強く咬んでもずれたり外れたりせず、硬いものでも咬めます。また、人工歯に使われるセラミックは本物の歯と同様の特性を持っているため、見た目も自然です。

インプラントのメリット

審美性が高い

セラミック製の人工歯は本物の歯のように美しく、留め金(バネ)もないので見た目が自然です。

固定式なのでずれない

人工歯根が顎の骨と結合するため、ずれたり外れたりしません。硬いものでもしっかり咬めます。

顎が痩せにくい

咬む刺激が顎全体に均一に伝わるため、骨が吸収されにくくなります。

周囲の歯を傷付けない

周囲の歯に頼らず、1本からでも複数でもインプラントを埋入できます。

メインテナンス次第で半永久的に使用できる

自分の歯と同様に丁寧なブラッシングなどのメインテナンスをしっかり行えば、長期間にわたって使用できます。

このようにインプラント治療は本物の歯に近い審美性と機能性を再現できる新しい補綴治療です。ただし、保険適用外の自費診療のため費用が高額になります(1本40~50万円と高額です)。そのうえ、手術をともないます。さらに生体と結び付いた人工歯根を取り外すのは困難であることなど、ある程度のリスクもあります。よく検討を重ね、ご自身にとって適切な補綴治療かどうかを判断する必要があるといえるでしょう。

インプラントの際、注意したいポイント

山村歯科医院では「保存学的療法」に力をいれており、できるだけ抜かずに保存するスタンスです。歯を抜いたら、元に戻ることはありません。歯を残すことの価値を忘れないでいただきたいと思います。一本の歯は“プライスレス”とも言えます。

インプラントを長持ちさせるのはメインテナンス次第

インプラントは人工の歯であるため、むし歯になりません。しかし、それを取り巻く歯ぐきや顎の骨は天然のものであるため、ブラッシングなどを怠り歯垢などを放っておくと、歯垢に棲み付く歯周病菌が毒素を出して歯周病と同様の症状を引き起こします。これを、「インプラント歯周炎」といいます。

インプラント歯周炎になると、歯ぐきに炎症が起き、顎の骨が溶け、最終的にはせっかく埋入した人工歯根が抜け落ちてしまいます。たとえ人工の歯であっても、メインテナンスが必要です。毎食後の丁寧なブラッシングはもちろん、一度手術が終わればそれっきりではなく、定期的に歯科医院に通って口腔内をチェックするなど定期健診を受けて、インプラントと長く付き合っていきましょう。

医院概略

山村歯科クリニック
〒503-0955
岐阜県大垣市友江2丁目133番地
TEL:0584-89-0640
フリーダイヤル:0120-89-0640
⇒大きな地図はこちら

■診療時間
平日 9:00~12:00/14:00~20:00
土曜 9:00~12:00/14:00~18:00
休診日:日曜・祝日

私たちと一緒に働きませんか?

診療案内

■一般歯科デンタルエステ(ホワイトエッセンス)歯周病治療額関節症歯ぎしり入れ歯インプラント矯正歯科審美歯科予防歯科小児歯科

などの診療を行っています。